スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなかもかてソングを見つけたのです

2013.07.12 (Fri)
天野月子さんの「花冠」という曲です。これを聴いてお父さんENDの話を思いついた次第でございます(タイトルまんまやないかというツッコミはなし)
はなかんむり、ではなく、かかん、と読むそうで(さっき知った)

もうね。曲聴いて歌詞を見たら、これ絶対、反逆者EDの曲だろー!!絶対そうやろー!!
と叫んでしまいましたよ。
皆様も機会があれば、是非是非聴いてみてください。

というわけで、「花冠」<9>をUP。これにて完結。
長かったなあ。ほんとに。申し訳ないくらいに。有り得ないくらいに。日付見たら、一か月近くかかってるよ……。
こうして書き終えることができたのも、拍手、コメントをくれた皆様、目を通してくれた皆様のおかげでございます。本当に本当にありがとうございます。

追記に、作中出せなかった人たちとか、言い訳をだらだらと。

ローニカ:タナッセを助け出した後、タナッセから打倒レハト軍(?)に加わるよう誘われる。でも断って故郷に引っ込み余生を送る。
メノヒア:古神殿での戦いで、あたふたしている間に巻き込まれて死亡。だからティントアは仕方なくヤニエさんちに逃げたまま居付いているわけで。
無礼会の皆様、ノグレイさん:なんだかんだと生き延びる。日和見代表。
ノーティ:ヴァイル側についてたけど、城での戦いに巻き込まれ生死不明。もしかしたらタナッセの組織に入ってたりなんかして。
ディモワ子爵:城から泡食って逃げ出そうとしたところを捕まって死亡。へたれっぽいもんね。
グレオニーのお父様:レハト側に寝返ろうとした鉱山貴族に反抗する。「息子が城で戦っているのです。私が敵になるわけには参りません」なんつって。父ちゃんきっとかっこいい人に違いない。ヒゲをはやしているダンディな方を想像した。
ニデ子爵:反乱後ものらりくらりと生き延び、レハトにごますりごますり。そのうち、あいつうざい、とレハトに嫌われ失脚。

……ゲーム中に出てきた人は、これで全部かな?

モゼーラさんが次の王様産んじゃったら、その後のSouthwardの時代とつじつまが合わんやないかい、となっちゃうんですが。まあ、なんやかんやあったんだろうってことで。王様が居ない時代もあったかもしんないし!
こんだけいろいろいじくって、いろいろ殺してしまって、本家様からクレームが来たらどうしよう……。
そしたらすぐに削除しよう。いや、でもこんな辺境ブログ、きっと本家様は気にもかけていないだろう。

モゼーラさんのお相手は、でっちあげの人物です。
ファダー家のどっかの誰か。田舎神殿の神官で、きっと背が高い優しいイケメン。
ティントアではないことだけは確か(ティントアが子供孕ませるとか、そんなのないない。絶対ない)
メノヒアでないことも確か(面食いモゼーラがおっさんを相手にするとは思えない。あ、そもそも古神殿でお亡くなりになっている設定だった)

そうして、タナッセはモゼーラさんの子を掲げてレハトに反抗するわけですが。どっちが勝つことになるやら。
もしくは途中で改心して、神官を目指しちゃってもいいですね。そしてレハトが居ないバージョンのように後に大神官になり、花瓶を倒すところをティントアが見つめてる……。
いや、妄想しすぎだろ。いつまで経っても終わらないだろ、この話。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。