スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻の二次キット

2013.10.02 (Wed)
拍手ぱちぱち、ありがとうございます。
あんな妄想にもお付き合いしてくださる皆様の、なんと器の大きいことよ。

先日、やっとこさ新しいPCが届きまして。
さあ祭の作品を書くぞおお、と意気込んでみたものの、なかなか進まない……。
ヴァイル祭の時は、こう、スパーンと気持ちいいぐらい早く書きあがったんですがね。
なんででしょう。キャラの性格のせい?

これが書き終わらないと、ブログにあげようと思っていた話にも取りかかれない……。
というわけで、新しい話はもう少しお待ちくださいませ。遅筆でほんとにすみません。

場つなぎ?に、作りかけだった二次キットの話を追記にだらだらと。

そう。作ってたんですよ、二次キットを。
でもPCがあぼーんしてしまったので、一気に萎えました。衝撃が大きすぎたため、二度と手をつけることはないでしょう。多分。

さすがに、初めて作った二次キットを祭に出すのは危険すぎるし恐ろしすぎるので、まずは試しに一個作って様子を見てみて、もう一個作ってそれを祭に提出しようかな、なんて野望を抱いておりました。野望は見事に打ち砕かれました。

グレオニーが衛士頭を目指して、1週間過ごすって感じのを作ってたんです。
なんか偉い人がグレオニーの1週間の過ごし方を見て、衛士頭に相応しいかどうかを判断するって内容で。
選択肢やら好感度やらも設定しまして。
ハイラが飲みに誘ってきたり、フェルツが一緒に訓練しようって誘ってきたり。
ノースタスが衛士の心得とは、とか説教を始めてきたり。もちろんレハト様も魅力的な休日のお誘いをしてきます。
偉い人との面接の場面とかね。
「まずは衛士頭になりたいと思った動機を聞かせてもらおうか」
と面接官に聞かれて、
「動機? そんなのレハト様と結婚したいからに決まってるじゃないですか!」
とか阿呆な選択肢をつくったりしてました。
で、溜まった好感度が○○以上でめでたく衛士頭になれる、という感じ。

ぜーんぶ消えましたけどねー。あはははー。あははははははははー!!(号泣)

……頑張って、祭作品仕上げます……。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。