スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手お返事でございます

2013.10.16 (Wed)
前回の記事。ものすごい拍手の伸びっぷりでございまして。
ブログでは顔文字を使わないようにとマイルールを決めていたのですが、さすがに今回ばかりは
( д) ゚ ゚ を使わせていただきます。

ここ連日の私  ( д) ゚ ゚  ( д) ゚ ゚  ( д) ゚ ゚ 状態です。

もう、皆様ったら……エロいのがお好きなんだからっ!!イヤン!!
っていう冗談はさておき。たくさんの拍手ぱちぱち、本当にありがとうございます!
こんなことならSSで書くべきだったですかね。
でもエロいの書けないんだ……。描写とか本当に全然わからないんだ……。

追記に拍手お返事でございます。……が、その前に。

ここから先、また少しエロ話です。
大したことない内容とは思いますが、苦手な方はスルーしてください。





あともう一個思いついたのが、グレと同室のフェルツが夜勤のときに(都合良く二人部屋っつー設定で)
レハト様がグレの部屋に忍び込むってシチュエーションだったんですけど。
これはやっぱりレハト様が王様じゃない身分の時じゃないとなあ。王様が夜中にひとりでちょろちょろ動き回れるわけがないし。
んで、やっぱりグレは「駄目です」って追い返すんでしょうね。ほんとにもう!ぷりぷり!!

しかし、何かの間違いでレハト様のお誘いがうまくいっちゃったら。
帰ってきたフェルツどうしたらいいの!? 時と場所を考えろよ、この馬鹿カップルめー!!って怒っちゃうよ。んで、気を遣って中庭とかで時間潰しちゃうんだよ。俺、眠いし疲れてんのに……とか思いながら。

で、こういう時に現れるのがハイラですよ。
「おんや? こんなところで何してるの? フェルツ」 なんつってふらふらと。
「……今夜は……星がきれいだよな」
「曇ってるよ」
「……そうだな」
と、不毛な会話をするんでしょうね。

ノースタス先輩でもいいですね。
「フェルツ、こんなところでどうした?」
「……風に当たりたくなりまして」
「それはいかん。衛士たるもの、体を休めることも仕事のうちだ。すぐに戻って就寝しなさい」
「はい……」
「なんだ? もしかしてグレオニーと喧嘩でもしたのか? どれ、私が仲裁に入ってあげよう。ほら一緒に来なさい」
「いや!! ちょっ……待ってください!!」
とかね。
ノースタス先輩って、本当に余計なことをさせるにはうってつけなポジション。(ごめんノースタス)


>>10KA様

血は確かに流れない……?んですが。ドロドロな部分がやはり少し入っているというか、なんというか。あ、あまり期待しないでくださいませね! 10KAさんが参加されるなら、ラブラブな話はもう大丈夫だ!と勝手に自分は思っておりましたのでw 
そうか! 大雨なら泥も落ちますね!!素晴らしい能力ですね、グレオニー!!
……でも確かに、グレの方が重傷を負いそうです。無傷のレハト様が、寝ずの看病をするところしかもう思い浮かびません。そして「チャンスだったのに、チャンスだったのに……」と一晩中ぶつぶつ言うんですよw
城に帰ったらみんなに馬鹿にされるんでしょうね、グレオニーw 
コメントありがとうございました! 私も10KAさんの作品、すんごく楽しみにしております……。んふふふふふ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。