スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもかての世界って難しい

2014.05.20 (Tue)
石を投げられずに済んで、安堵しているうろろんです。こんにちは。
拍手、コメントありがとうございます! 

そんなこんなで、やっと殿下のお話を書けたよ。贖罪<1>UP。
一話分の長さとか、全体の長さとか。そういうことをあんまり考えずに、書きたいことを詰め込みまくって、んでもって、ちょっと丁寧に書いてみようかな、なんて思いまして。暇を見て、携帯にぽちぽち書き溜めてました。
そうしたら、とんでもなく長くなりました。
今書いてる時点で話の半分も行ってないのに、<6>だって。<6>。原稿用紙にしたら80枚だって。あっはっはー。
あははー……。

というわけで、すごーーーく長くなる予定です、「贖罪」。お暇な時にでも目を通していただけたら幸いでございます。ほんと長いから。冗談抜きで。しかも暗い展開続きだから。
この先、「やめて! 殿下をこれ以上苛めないで!!」という党員の方々の悲鳴が、どんどん大きくなることだけはお約束します。ごめんね。いつも胸糞悪い話ばっかでほんとごめんね!!

「孫娘」も、本当は「孫息子」もしくは「孫」で表記すべきなんでしょうけども。
なんとなく、嫌だなあ……。という、それだけの理由で「孫娘」で押し切りました。目をつぶってやってください。

ついでに。かもかて二次小説を書いてて、「これ使えるの?」と思った言葉。
「猫をかぶる」
グラドネーラで、猫ってそういう存在じゃないっぽいですよね。意味が違ってきちゃいそう。
こまけぇこたぁいいんだよ!で、以前使ってしまいましたが。
猿人類が居ないってことで「猿真似」も使えませんね。
「立つ鳥跡を濁さず」
も、迷った末に使ってます。こっちの諺が、向こうでも使われるってちょっと違和感?
でも、別にいいよNE! こまけぇこたぁ(ry
あと、フォロワーさんの呟きを見て、慌てて訂正したのが「大の字」。
寝っ転がるグレオニーに使ったことがありましたが、
「大」っていう文字自体存在しねえじゃん!やべえ!!
テエロの「私も鬼ではありませんから」という台詞も、だいぶ前に泡食って修正しました。「鬼」って居ないじゃん……。

いろいろ難しいですよね。グラドネーラの世界。
よそ様の文章読んでるとあんまり気にならないんですけど。いざ自分が使うとなると、いろいろ考え込んでしまう。
何度も言ってますけど、「グラドネーラ大解剖」みたいな本が欲しいよう!!

追記に、拍手お返事でございます。


>>リョー様

お褒めの言葉、ありがとうございます! 私も常々、「どうして殿下は神官になったの?」と悩んでおりまして。考察とかあんまり得意じゃないんで、他の方々の考えを見て「すげえなあ…深いなあ…」と溜め息を吐く日々。ヴァイルが病んでいくから切羽詰まってって、すごい私好みです。悶える。やばい。
案外、しょーもない理由なのかなしれないな、とも思ったりしました。タナッセがアモナさんの大人の魅力にとりつかれたとか。アモナさんが大人の魅力でタナッセを誘惑して勧誘したとか。アモナさんが…(いい加減にしろ) 
そして、アモナさんに利用されていただけだと知って、ショックで花瓶を割ったんだわ!!きっとそうだわ!!(だからいい加減にしろ)
コメント、ありがとうございました!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。