スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納豆の日でございますね

2015.07.10 (Fri)
お久しぶりです。
納豆の日だからと言って、何か用意してるわけでもないんですけども。
すみません。

何か書きたいなー、とは思いつつ、
面白くない気がする…需要ない気がする…、とダラダラ日にちが経過してしまいました。
更新が止まっている間も拍手、返信不要のコメントありがとうございます。
かなり前の作品でも、拍手をいただけるととてもとても励みになりますです。
ありがてえ……。ほんと、ありがてえ……(泣

この先、追記にいつものように碌でもない胸糞悪い妄想を語ります。
苦手な方は回れ右をしてくださいませ。



話は変わりますが、
だいーーーぶ前に、わたくしグレオニーパパの妄想漫画モドキみたいのを描いたんですね。
コレ→グレパパ妄想

この時は、「グレパパもやっぱ親だから、さすがに子と敵同士になるのは避けるよね!」
と思い込んでいたんです。
けども。
よくよく考えてみて、
子と戦うことになろうとも、命を落とすことになろうとも、主が愚かなことをしでかすとわかっていようとも、
一度仕えると決めたからには、グレパパは主の側にずっと付き添うんじゃないかな、と。
どっかの誰かの「主命とあらば」じゃないですけど。

なんでそんなこと考えたかっつーと、
反乱の時のグレオニーの死因はなんなのさ!! 結局なんで死んだのさ!!
ってのが頭から離れなくてですね。

「あわわ、戦いだ、あわわわ」って泡食ってるうちにモブキャラにやられてしまったのか。
何か我慢ならんことが起こって自ら……、なのか。
裏切ったハイラに、なのか。
フェルツを敵から庇って敢え無く……なのか。
テエロさんにやられたのか、トッズにやられたのか、レハト様が出張ってきてやっちまったのか。
こんなことやってられっか、なんつって、自棄になって死んだように見せかけて逃亡したのか。

もしくはもしくは。
グレパパが敵として現れて、
「俺は……父さんに刃を向けることなんてできません」
だったのかしらーー!?とか考えたり。

はい、妄想スタート。

天候はお決まりの土砂降りですね。それは譲れません。
ドロドロの地面に、剣を放り出した状態で四つん這いになってるグレオニー。
そんな息子に冷酷に剣の切っ先を向けるグレパパ。
「剣を取りなさい、グレオニー」
「……できません」
「今の状況がわかっているのか。もう一度だけ言う。剣を取りなさい」
「嫌です!! なんで……何故、親子で戦わなければならないんですか!? 父さん……、父さんは……」
「今、お前の前に居るのは父ではない。敵だ。……私はお前が相手と言えども容赦はしないぞ」

とかさ。とかさ!!
グレオニーは仕方なく剣を取るも父ちゃんと戦うことなんて出来なくて、やられっぱなしで、
「この腰ぬけが!!」って胸倉掴まれても、やっぱり「いやです…いやです…」しか繰り返さなくて、
あああ。ああああああ(泣)

いやー、それとも。
グレオニーは「父さんと戦いたくありません!」とか言いつつ、
偶然にも会心の一撃が父ちゃんにモロに入っちゃって、
「踏みこみが、浅い……。お前は、城で、何を学んできたのだ、未熟者が……」
とか言いながら血を吐いて冷たくなっていく父。その体を抱いてグレオニー号泣。
そして罪の意識に耐えかねて、父の体を貫いてしまった自分の剣で自ら……。
って可能性もある。

あるいは、自暴自棄になって敵側に突っ込んでってやられちまった可能性もある。
グレオニーはバーサク状態になった!
しかし涙でぼやけて視界が利かない!
グレオニーはやられてしまった!みたいな。


ほんとね! アンタどっかおかしいよって言われるの百も承知ですけど、
グレオニーの死因を考え出すと止まらないんですよ、鼻息荒くなるんですよ!!
だって死に際って大事よ!? 戦いの最中だから余計に!!
その人の生き方がそこにギュッと詰まって圧縮されてて(ちょっと落ち着こうね、うろろん

他にも、「いやいや、反乱グレオニーはこういう感じで山に登った可能性もあるんでね?」
という意見がありましたら、いつでもお待ちしております。うろろん、泣いて喜びます。
ははは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。